襖を家で張替えるのはこんなに大変です

自宅の襖の張替えをしたことはありますか。押し入れや和室扉などに使われる襖ですが、そういえば張替えはしたことがないという方も中にはいるのではないでしょうか。また、ボロボロになっているなど目に見えて張替えた方が良いとき以外に、張替えのサインなどはあるのでしょうか。例えば、襖がボロボロに剥がれている、シミやカビがあったり色褪せなどで変色しているときなどは、襖の張替えサインといえます。また、よく見るとたるみやシワがある、10年以上襖の張替えを行っていないというときも襖の張替え時期が来ていると考えるといいでしょう。張替えの時期やサインを見逃さないことで、美しい襖の状態を保つことができます。自宅の襖に以上のことが当てはまる場合、襖の張替え時期が来ていると考えればいいでしょう。

自分でやるとこんなに大変!襖の張替え手順とは?

襖紙ならホームセンターでも売っているのだから、自分でやってしまおうと考える方も多くいるでしょう。しかし襖の張替えは以外と大変なものです。まず、襖の枠でもある襖縁と引手部分をバールなどで外します。枠と引手部分を剥がしたら、洗剤などを染み込ませて下張りを剥がします。もし下張りが残っていたら、サンドペーパーを使って削ります。下張りをきれいに剥がせたら、新しい下地を貼っていきます。その後新しい襖紙を広げて合わせて裁断、張替えを行っていきます。襖紙の裏に水を塗り、刷毛などで均一に広げていきます。更に糊を塗り拡げ、襖紙の上に枠を置いて張替えを行います。空気むらをなくして後は乾かしてようやく完成です。襖の張替えは、古い襖を剥がして貼っていくだけではきれいに仕上げることはできません。個人で襖の張替えを行う場合、意外と手間や時間がかかってしまうのです。

襖の張替えを業者に依頼するメリットとは?

個人で行うには手間がかかってしまう襖の張替えですが、専門の業者に依頼することで手間を省くことができます。専門の業者に襖の張替えを頼むことで、どのようなメリットが得られるのでしょう。一番のメリットは、きれいな仕上がりを期待できる点です。普段襖の張替えをしていない素人がやるよりも、プロに任せた方がきれいに仕上がるのは当然です。張り替えた後の仕上がりに満足感を得たい場合、業者に依頼してみるといいでしょう。また、襖の張替えにかかる時間や手間も省くことができるので、休日しか張替えを行うことができないときや時間が作れないという方にもおすすめです。このほかにも、ホームセンターなどで販売されているよりもデザインが豊富であることもメリットとして挙げられます。今風のデザインで部屋の雰囲気を変えたい、家全体の雰囲気に合わせた部屋作りをしたいというときにも業者に依頼することを検討してみましょう。