二次会の景品はココ!厳選6サイト

ホーム > 二次会の景品について > 二次会でゲストが喜ぶ目立景品を探そう

二次会でゲストが喜ぶ目立景品を探そう

 厳かな結婚式が終わり、いよいよ二次会となったとき、メインになるのはビンゴを初めとするゲームとその景品ですね。
一次会の司会進行はプロにお任せ、余興の手筈は結婚式場のスタッフにお任せという新郎新婦も、二次会の幹事は友人など親しい人にお願いすることが多いです。
しかし、任されたほうの幹事が頭を悩ませがちなのがゲームの景品です。
参加するゲストの性別や年代を問わず、当たったら喜ばれるもの、またそれだけでは寂しいので下位の景品にはユーモアのあるものを用意して、会場を沸かせたいと考えます。
デパートや家電量販店、雑貨屋をうろうろしてめぼしいものを探そうと思っても、なかなかしっくりくるものが見つかりません。
インターネットには情報が溢れていますが、実際に手に取れない分、新論新婦から預かったお金を使うのにどうしても躊躇してしまいます。


 必ず押さえておきたいのは上位の「豪華な景品」と下位の「ユーモアのある景品」です。
その中間は無難な景品を選んでいたとしてもこの二つが新郎新婦、およびゲストのお眼鏡にかなえば盛り上がる二次会となるでしょう。
では、メインとなる豪華な景品には何があるのでしょうか。
まずはテーマパークのペアチケットです。
最近は入園料を値上げしているテーマパークが多いので、当選して無料で行けるのは当たった人だけでなく、その人の家族や恋人、友人も嬉しい景品です。
またディナークルーズや、ペアチケットも喜ばれます。
普段行けるような場所ではない上に、テーマパークのチケット同様高価な場合が多いので、お得感があります。
また旅行会社販売する「選べる温泉旅行カタログ」なども、これも喜ばれる景品の一つです。


 最後に下位の面白グッズですが、ポイントは低予算でちょっとしたユーモアがあることです。
そこで提案したいのは、主役である新郎新婦に関連付けてプレゼントを選ぶことです。
例えば、新郎新婦のお気に入りのデート先がテーマパークであれば、そのキャラクターのぬいぐるみを用意して、司会がデートの際のエピソードをインタビューしてあげると場が盛り上がります。
新郎新婦の出身地の名産品(お菓子屋おつけもの)を用意して、二人のおすすめの食べ方を聞いてみるのもよいですね(その際に方言を話してもらったりするとゲストも楽しめます)。
他には新郎または新婦が(あるいはどちらもが)ギャンブル好きななら宝くじ、大食漢なら胃薬、お酒が大好きならウコンのドリンクなどを、当たった人に直接渡してもらうのも楽しいかと思います。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP