二次会の景品はココ!厳選6サイト

ホーム > 二次会の景品について > 二次会の景品は予算を決めてから選ぶ

二次会の景品は予算を決めてから選ぶ

 結婚式は、新郎新婦や新郎新婦の親などが主催して行います。
参列できる人はそれなりに限られていて、親族や会社関係者、友人の一部のみが参加します。
その他にもお祝いをしたいと考える人がいるかもしれません。
そこで行われるのが二次会です。
通常は新郎新婦や両親などは関わらず、新郎新婦の友人や会社関係者などが幹事になって行います。
結婚式場と同じ建物内で行うこともありますが、よりカジュアルな雰囲気を出すために一般的な飲食店を会場にすることが多いかもしれません。
新郎新婦が主役になりますが、新郎新婦の親族等はあまり参加しないようです。
結婚式に参列した会社関係者や友人の他、参列できなかった友人などが参加します。
事前に名簿を新郎新婦から渡してもらい、それらの人に参加を呼び掛けて来てもらいます。


 二次会で行われるのは、まずは食事会になります。
飲食店などで一定の食事が出されるのでそちらで食事をします。
その他に行われるのがゲームです。
ゲームに勝ち残れば景品をもらえるので、参加者は真剣になってゲームを楽しめます。
幹事としてはより本気になってもらうために豪華な景品を用意します。
まずは予算を決めて、何人分の景品を用意するかも決めます。
結婚式ではお祝いを渡すだけで特に参加費用などは徴収しませんが、二次会ではそれぞれに参加費用を徴収します。
食事代の他景品代もこの中から準備をします。
たくさんお金を集められれば景品の予算も多くできますが、あまり集められないと景品のレベルも下げないといけません。
参加費を多くして景品をよくするのか、抑えて景品もそれなりのものにするか幹事が判断しないといけません。


 景品を選ぶときに便利なのが景品をまとめて注文できるサイトです。
以前ならいろいろなお店で事前に購入などをしていたので結構大変だったかもしれません。
今の主流はチケットタイプの景品が多くなっています。
チケットタイプだと、旅行券などを用意できますし、お肉や魚介類、その他食事券なども用意できます。
また、これまで通り家電製品であったりゲーム機などの引換券などもあるので、多くの種類の景品を揃えられます。
また、その他大勢用の景品もそれなりにそろっています。
参加者全員に配ろうとするとあまり高いものを用意することはできません。
ティッシュなどが良く利用されますが、安いタイプの景品があるのでそちらから選べるようになっています。
コースを選んだり、予算に合うように自分で一つずつ選ぶ方法もあります。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP