二次会の景品はココ!厳選6サイト

ホーム > 二次会の景品について > 二次会の景品選びのときの大事なポイント

二次会の景品選びのときの大事なポイント

 結婚式などイベントの二次会を盛り上げるために欠かせないものといえば、ゲームとその景品ではないでしょうか。
参加者の中には景品を楽しみに参加している人も多いですが、景品を準備する立場となれば話は別です。
二次会の盛り上がりを左右することになるので、よく考えて選ばなくてはなりません。
まずは、参加者の人数と年齢層をある程度把握しておくようにしましょう。
参加者の会費で景品の費用もまかなうケースが多いので、予算オーバーにならないように気をつけなくてはなりません。
もちろん、参加者の人数と比べた時に、はるかに少ない数の景品となってしまうと、何も景品をもらえなかった人が増えることになり、不満も出やすくなるのである程度の数を揃えておくようにしておくことは必須となってきます。


 まずは目玉となる豪華な景品を準備しましょう。
景品のレベルに差がないと盛り上がりにくくなってしまうので、目玉の景品は必須となります。
それ以外にも、少し豪華な商品もいくつか準備しておくべきです。
もちろん目玉の景品やそのサブとなる景品に高額なお金を使いすぎると、他の景品の数が少なくなってしまうのでよく考えて選ぶようにしなければなりません。
お菓子の詰め合わせやおもしろグッズなど、リーズナブルな料金で購入することができる景品は、多めに準備しておくべきです。
安い景品でも、もらうことができるかできないかによる、参加者の心境には大きな違いが生まれることになります。
できる限り多くの人に景品が行き渡るようにすることが大切です。
参加者は当日増える可能性もあることを頭に置いておきましょう。


 景品を選ぶ時には、老若男女問わず誰もが喜ぶものかということも考えておかなくてはなりません。
特に、参加する人の年齢層がバラバラという時には、よく吟味して決めるようにしましょう。
電化製品やお米なども、喜ばれやすいアイテムとなっていますが、重たいものやかさばるものは、持ち帰りのことも考えておく必要があります。
当たった人の自宅に郵送で後日届くようにするなど、持ち帰りのことまで考えておくと、より喜んでもらうことができ、気がきくと思ってもらえるので、幹事としての株も高めることができます。
景品の良し悪しは、幹事のセンスを問われる重要なポイントです。
早い段階から準備しておき、万全の状態で当日を迎えることができるようにしておくことが、景品準備の必須といえるのではないでしょうか。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP